リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

広いリビングに大きな本棚。3LDK+ウォークインクローゼットのマンションリノベ

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回のお施主様は物件の購入からリノベーションまでの全てをお手伝いさせていただきました。まず、今回のお施主様についてですが、お住まいが少し遠方で京都の最北の日本海側でした。そのため、何度も物件を内覧にお越しいただくことが困難なため、それを省略するべく出来る限りメールでやり取りし、これという物件に絞って内覧いただくように進めました。そのお探しの物件についてですが、京都市内からは少し郊外になる右京区や左京区などの地域をご希望のため、街中とは違ってゆったりのんびりと暮らせる環境のよいマンション物件をご希望でした。また、お子さんが3人おられるため、将来的にそれぞれに個室を確保できればということから、マンションとしては広い専有面積をご希望でした。それらの条件を満たす物件を探しましたが、郊外であっても思った以上に広い専有面積の物件が少なく、結果的に該当する物件は数件しかございませんでした。(もちろんご予算との兼ね合いもあり、出来るだけ手頃な価格で探していたためです。)
 そして、お子さんの学校の新学期を新居で迎えられるようにするため、逆算して期限を決めて探させていただきました。そして、その期限に間に合う売出し中の物件を数件内覧いただいた中から、今回リノベーションさせていただいたマンションを気に入っていただき、ご購入いただけることになりました。このマンションは専有面積がちょうど100m²あり、マンションとしては広い方で、管理状態もよく、戸数も比較的多いマンションでした。また所在階は3階と低層階ですが、南向きバルコニーで南側に遮るものがないことから、陽当たりも眺望もよいという条件を気に入っていただけました。そしてこの広い専有面積の物件をお施主様のご要望に沿ってリノベーションさせていただきました。
 また、前述したように遠方にお住まいで、小さなお子さんもおられることから、打ち合わせ回数を出来るだけ少なくし、図面を都度メールでお送りして打ち合わせするというスタイルを取りましたが、お施主様のご協力もあり、非常にスムーズに進めることが出来ました。

 それでは、具体的にどのようにリノベーションさせていただいたのか、内容をご説明していきたいと思います。
 まず、玄関から順にご説明しますと、玄関は広めをご希望でしたが、ゾーニング的にお子さんの部屋を2室確保することから、あまり広く取ることができないので、元々の広さを踏襲しましたが、必要なシューズクローゼットをデッドスペースに効率よく設けることですっきりと確保し、視覚的にも以前より広く感じられるように仕上げました。また、元々細長くゾーニングされた空間のため、必然的にローカが長くなることから、リビング入口には敢えてドアを設けず、玄関からリビングまでをひとつながりの動線とすることで、ローカの長さが強調されないようにゾーニングしました。また、将来的に子供部屋として使用される予定の個室を、玄関側に2室確保し、その1室を少し広めに取り、ミニマムですが2分割してお使いいただけるように設えました。また、個室や寝室でよく使用するタイルカーペットは、お施主様のご要望で使用せず、全室にオーク無垢フローリングを採用してシンプルに仕上げさせていただきました。また、お施主様のご要望から、基本的にトイレを除き、建具は全て引き戸を採用し、扉を開け放して使用されることも多いことから、それに対応できるように仕上げました。次に和室と隣接した大容量のWICは、その和室との仕切りを無くし、一体の部屋として設えました。またこのWICの建具を無くした理由については、お子さんが小さいうちはご家族全員(ご夫婦を入れて5人)で、和室にふとんを敷き、みんなで寝たいというご要望から、全員が寝られるスペースをミニマムで確保しつつ、隣接のWICからふとんがスムーズに出し入れできるゾーニングとさせていただきました。そしてまた和室は、リビングとローカからアクセスできる扉を引き戸で設え、その2方向を開け放すことで風通しよくお使いいただけることを想定して設えました。そして次に水回りですが、まずトイレは配管の関係から、同じ場所にほぼ同じ大きさで作らないと収まらないため、当初は広めのトイレ空間をご希望でしたが、収納棚やペーパーホルダーなどのアイテムでアクセントをつけ、シンプルですっきりした空間に仕上げることで、視覚的に広く感じていただけるように設えました。また洗面室も、広い空間をご希望されていたことから、こちらは出来る限り広く、ゆったりとゾーニングにさせていただきました。そして大きなミラーを採用することで、普通でも広い洗面空間をより広く明るく感じられるように設え、洗面ボウルもそれに合わせて大型の実験用を採用し、お子さんの洗濯物をそこで洗えるように設えました。また、大型の造り付け収納を取り、たくさんのタオルや小物なども充分収納できるように設えました。そして浴室も広めをご希望でしたので1坪タイプに近い大きさのユニットバスを採用してお子さんと一緒にゆっくり入っていただける広さを確保しました。
 そして最後になりましたが、メインのLDKは、当初アイランドキッチンで計画しておりましたが、お施主様のご要望で壁付けに変更させていただきました。そのことでキッチンとリビング空間を一体として広く使っていただけるようにゾーニングしました。そしてキッチン壁面は、艶のあるタイルを馬目地張りし、表情豊かに仕上げました。キッチンはシンプルに業務用キッチン(お施主様のご要望でビルドイン型のガスオーブンレンジを業務用キッチンに組み込みました。)を採用し、アイレベルの壁面にマグネットバー(包丁などをくっつけるため)やステンレスレール、ステンレス棚などを効率よく取り付けて使い勝手が良く仕上げました。そしてお仕事柄、蔵書がたくさんあるため、リビングに大容量のブックシェルフとデスクを造り、お子さんの勉強スペースとして、また書斎スペースとして、フレキシブルにお使いいただけるように設えしました。そしてペンダント照明を3灯とったスペースには、ダイニングテーブルを置いていただき、その壁面部分に、飾り棚(小物や絵などを飾っていただけるスペース)とその下部スペースには、お施主様がお持ちの食器棚をはめ込んで収納としてお使いいただけるようダイニング空間として仕上げさせていただきました。  以上のようにリボーンキューブでデザインさせていただいたリノベーション空間は、お施主様の暖かい人柄が感じられる素敵な空間に仕上がりました。

 そして次に、今回のネーミングについてですが、いくつかご提案させていただいた中から“団欒“というキーワードを気に入っていただいたため、そのまま日本語で採用させていただき、ローマ字で”DANRAN(ダンラン)“と命名させていただきました。その意味はまさにそのままですが、ご家族がこのシンプルで飾らない北欧テイストの空間で、楽しく賑やかに団欒される様子がまざまざと思い浮かんだことから、このネーミングがぴったり馴染むと感じました。そして最後になりましたが、今回も物件の購入からリノベーションまでのすべてをお任せいただき、お施主様と共に楽しく有意義に打ち合わせをさせていただき、結果的にこのようにすばらしいリノベーション空間をご一緒に創らせていただけたことに心から感謝して終わらせていただきたいと思います。

リノベーション現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」 『100㎡ある広い専有面積のリビングに大きな本棚を設え、3LDK+WICをゾーニングしたマンションリノベ』 )

 物件概要/1992年新築(築後25年)・京都市右京区・個人住宅リノベーション・延面積102.72m²・構造:RC造7階建3階部分

 主要各部仕上および素材/壁面:PB(一部スケルトン)の上ケツロナイン塗装仕上(一部AEP塗装仕上)・天井:スケルトンの上AEP塗装仕上・床材:オークユニ無垢フローリング仕上・和室:目積畳仕上・バスルーム:リクシル製ユニットバス・洗面室:大型ミラー、造り付け収納家具、TOTO製洗面ボウル、グローエ水洗金具、大型ブックシェルフ・シェルフ、クローゼット、建具:シナベニアの上ウレタン塗装仕上・キッチン:セラミックタイル馬目地仕上、業務用キッチン・便器:リクシル製・その他:H&Hjapan製レンジフード、リンナイ製ガスオーブンレンジ、IKEA製ステンレス棚(照明付)、IKEA製マグネットバー、LED照明器具、真鍮製タオルレール、エアコン3基等

 リノベーション期間/約2ヶ月(解体工事期間含む)





↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 href="mailto:info@reborn.cc">info@reborn.cc